女性の潮吹きについて

実は、男性の人って女性の潮吹きを見たがる人が多いですが、潮吹きと行くっていうのはちょっと違うんです。

 

潮吹きを経験したことが無い女性は、「潮吹き=イク」と勘違いしている人がほとんどのようです。

 

潮吹きは女性の射精であるならば、女性がオーガズムに達するときに潮吹きをすると思われがちですが、実はそうではありません。

 

実際のところ、潮吹きはオーガズムに達する少し前に起こります。

 

また、潮吹きの直前は尿意に似た感覚を覚えるため、それを我慢して潮吹きをしないという女性も多いようです。

 

さらに、AVで見るような激しい潮吹きは、本当は尿である場合が多いようです。

 

わたしも潮は吹いたことはありますが、あんなにAVのようには出ません。

 

女性の潮の量は5mL程度なので、AVのように潮が撒き散らされるという事例はあまり多くないようです。AVのように盛大な潮吹きをする女性も皆無ではないようです。

 

AVの見すぎか、男性は手マンを激しくすれば女性は潮を吹くものだ勘違いしているようですが、そうではないので注意してください。

 

アダルトビデオは、どうしても過激な演出に偏りがちですが、それをそのまま真実と思ってしまう男性も多く、誤解を招く原因になっているとも言えますね。

 

おしっこを出す時のスッキリ感と同じような感覚で、気持ち良さの尺度で計るとすれば、エクスタシーの絶頂感と潮吹きのスッキリ感とは雲泥の差があります。

 

ただ、世の中には「潮吹き」と「イクこと」を混同してしまっている女性も多いんだとか。

 

性的なことは、誰かに教えてもらうわけではないので、エクスタシーの絶頂感を味わったことがない場合には、潮吹きの爽快感を「これがイクってことなのかな」と思い込んでしまっても仕方ないでしょうね。

 

そもそも潮吹きは体の反射の一種で性的刺激を受けることによって尿道を通じて液体が排出されることにすぎません。

 

それ自体には快楽が伴わないため、世の大半の男性が思っているほど大して気持ちいいものではないのです。

 

膣内のGスポット周辺を刺激すれば、自然と出る仕組みになっていて、液体が少量の場合はネバりけが強く、色は透明だったり、ミルクっぽい色をしていたり、黄色だったりと様々。

 

排出される液体量が増えるにつれて、透明に近くなります。