生理痛

MENU

女性の生理痛について男性にわかってほしいこと

vitox

 

「生理痛」は、多くの女性の悩みのひとつ。

 

男性のあなたも女性の生理の時のあの情緒不安定さにイラッとした経験がありませんか??

 

生理痛はなぜ起こってしまうのか?

 

子宮内膜は受精卵が着床しやすいベッドのような役割がありますが、妊娠しなければ出血と共にはがれ落ちます。この現象を月経といいます。この言葉は知ってる人が多いですよね。

 

月経の時は子宮内膜や血液中にプロスタグランジンという痛み物質が増加し、子宮筋を収縮させたりするのが生理痛の原因のようです。

 

10代や20代前半の時は、子宮が未成熟で子宮頸部が狭く、月経血がスムーズに流れないことも原因となることもあります。生理不順といったりします。

 

生理痛と病気の関係

生理痛は、ほとんどの女性が経験します。しかし、 貧血やめまいを伴ったり、出血量が多かったり、立てなくなるほどのひどい腹痛や腰痛で、日常生活に支障をきたすような場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気を疑ってみることも必要です。

 

男性の方は、生理痛がひどくても体はそこまで心配はしなくて大丈夫かと思います。

 

痛みをやわらげるには?

 

「鎮痛剤は飲まないほうがいいのでは」とがまんする方もいますが、自分にあった薬を容量を守って使用をしていれば問題ありません。男性の方も、もし彼女が痛み止めを忘れてしまった時のために財布などにロキソニンなどの痛み止めを常備しておくととても気が利く人だなと思われるかと思います。

 

生理痛、そして生理中の情緒不安定さはだれにでもある現象です。その時は、おおらかに心を広くもってもらいたいなと女性として思います。

 

 

【よく読まれてる記事】